最新の不動産情報まとめ

即座に対応、入居者の退出時におけるリフォーム

即座に対応、入居者の退出時におけるリフォーム リフォームについてよく知ることで、実際に不動産投資を行うオーナーだけではなく、賃貸契約で入居する入居者にも様々なメリットがあることをご存じでしょうか。
賃貸借物件で行うリフォームとは、ノベリードが管理賃貸業務の一環として行っているもので、入居者の退去時に室内を入居前の状態に戻すというものです。
リフォームの意味には、新築状態と同様の状態に戻すというものがありますが、不動産そのものは年々劣化していくものなので、老朽化による建物の劣化状況は戻せるものではありません。
したがって、実際のリフォームは、入居者がその部屋に入居する以前の状態に戻すことを意味しており、ノベリードではこれを入居者の退出時に部屋を確認し、リフォームの有無を確認します。
リフォームは、多岐にわたるもので、壁紙やフローリング、または備え付け家具などの傷の状況などもよく確かめます。
また、頻繁に利用する蛇口や洗面所、トイレや浴槽などの水回りはもちろんのこと、不具合が生じている箇所はすべてリフォームの対象となります。
こうしたリフォームは、入所者が支払う敷金によって賄われますが、時には修理費用がオーバーすることもあります。
入居時にどれだけ室内を大切に扱うかで、リフォーム料金も異なってきます。

不動産物件に新たな付加価値を呼ぶリノベーション

不動産物件に新たな付加価値を呼ぶリノベーション 新築住宅やマンション、アパートなどは、何もかもまっさらで、オーナーにとっても入居者にとっても、非常に期待感にあふれた魅力の物件と言えるでしょう。
しかし、新築の物件を建てるには、土地を用意しなくてはならず、配管から下水まで一から施工しなくてはならないため、莫大な費用がかかってしまいます。
ノベリードのリノベーションは、中古物件を新たに造り変え、その建物が新築状態の頃よりも、さらに付加価値をもつ建物にすることが可能です。
ノベリードの提案するリノベーションは、建物の外観を損なうこともなく、耐震や防火構造を向上させることで、以前よりも増して耐久性に富んだ建物に変えることができます。
もともとその土地には建築物が建っていたため、配管や下水などがすでに存在しています。
それらを活用することで、費用もかなり安く抑えられることが大きなメリットです。
もちろん、一棟アパートやマンションなどは、外観そのものも新たにつくりかえることができるので、新築同様の建築物を手に入れることも可能です。
また、税金面や資金面についても優遇措置があるため、リノベーションによって新たな物件を得ることは、大きなメリットがあります。