最新の不動産情報まとめ

株式会社ノヴェリードが考える老後問題

株式会社ノヴェリードが考える老後問題 現在、日本国内は少子化を伴う高齢社会であり、働き手の減少による税収不足に悩まされています。
税収不足は政府にとって非常に厄介な問題で、医療費の問題や介助と介護の問題、年金問題にまで波及しており、若者たちをはじめ壮年世代も多くの不安を抱えているのではないでしょうか。
実際には高齢社会問題はさらに複雑で、これまでの地球の歴史上、初めて訪れる高齢社会を上回った超高齢社会に、国は対応に苦慮しつつ困難な状況に陥っています。
高齢化率とは、国内の人口の高齢者が占める割合を表したもので、国内人口の14パーセントを65歳以上のお年寄りが占めれば高齢社会と言われます。
日本国内では、この高齢化率がすでに21パーセントを超えており、2007年から超高齢社会に突入しました。
これは国際社会の中でも唯一日本国内だけの現象で、働き手が減り税収が減ってしまったため、年金の資金不足に陥ったことから、年金そのものを減らさざるを得なくなっている状況です。
株式会社ノヴェリードではこうした様々な老後問題に対し、抑止力として不動産投資を勧めています。
これは、一定の収入を確保していくことで、老後の安全な解決策となり得るからです。

株式会社ノヴェリードが提案する財産形成づくり

株式会社ノヴェリードが提案する財産形成づくり 株式会社ノヴェリードでは、安定した未来と豊かな生活を万全なものとするため、安心のできる財産形成づくりを推進しています。
個人の資産運用や、財産形成としての評価が非常に高い不動産投資は、他の資産運用や為替取り引きなどと異なり、莫大な利益が飛び込んでくるといったことはありませんが、リスクが非常に少なく安定した収益を得られることで、多くの投資家たちに信頼を与えています。
特に他のローンとは異なり、住宅ローンを組むにあたって団体信用生命保険の加入は強制的に義務付けられており、名義人に対して万が一のことがあったとしても、生命保険で住宅ローンの支払いが賄われるため、残った家族に負担がかかることはありません。
こうした不動産投資は非常にリスクが少なく、確実に財産を次の世代に残せるため、財産形成づくりとしてはかなり人気の投資方法となっています。
また、収益が確実に毎月決まった日にちに支払われるため、年金の代用となります。
これからさらに年金が減ることを考えると、安定した収入は確実に確保していきたいものでしょう。
こうした不動産投資のメリットは、ゼロからでも始められるということが最大の利点です。